医療用かつらの選び方

病気の治療の過程で必要になる場合、かつらはどのように選べばよいのでしょうか。医療用かつらの価格は材質を何にするか、既製品かオーダーかなど複数の要素の組み合わせで決まってきます。人毛のかつらは価格は高いものの耐久性が高く、カットやパーマなどのアレンジが可能ですが、セットに手間がかかるという問題があります。

人工毛は価格が安く、スタイルが崩れにくいという特徴がありますが、耐久性にはやや欠けます。とあるかつら専門メーカーの毛髪技能士によると、手入れが楽なのは人毛と人工毛をミックスして作られたものだということです。ある程度できているものを希望のスタイルに調整してもらうセミオーダーであれば、価格を抑え、かつある程度自分の好みに合ったものを選ぶことができます。

医療用のかつらは通信販売や取扱店の店頭、美容室を併設した専門店などで手に入れることができます。通販ではある程度低価格のものが手に入りますが、サイズの調整などのアフターサービスや、病院への出張サービスなどが充実しているのはやはり専門店になります。

最近では、病院によってはかつらに関する情報を積極的に提供したり、病院内で実際にかつらを手にとってみられたりするところも出てきています。ある程度の期間にわたって治療のパートナーとなるかつらですから、状況や好みに応じて納得のいくものを選べるといいですね。