女性向けの医療用かつら

抗がん剤治療脱毛症や無毛症といった、髪の量や生え方に直接関係する症状と並んで医療用かつらが必要とされるのは、抗がん剤などの薬品の副作用によって髪が抜けてしまう場合です。
抗がん剤はがん細胞を破壊するための薬ですが、同様に細胞分裂が盛んな細胞である毛母細胞(体毛の根元にある、毛を作るもとになる細胞)も攻撃されてしまいます。
このために脱毛が起こるのですが、その範囲は頭髪に限らず全身に及ぶ可能性があります。
また、これもがんの治療の過程で用いられる放射線治療の場合は、放射線を当てた部分でのみ脱毛が起こります。

特にがんの場合、病気そのものに対してもストレスを感じる場合が多いですが、それに加えて見た目が変わってしまうことは更なるストレスの原因になりかねません。特に一般的に髪が長いことの多い女性にとっては、治療にも影響を与えかねない状況が生まれてしまうといえます。

病気と前向きに付き合い、積極的に治療を受ける上で精神的な支えのひとつになりえるのが、女性向けの医療用かつらです。抗がん剤治療の場合、薬を使うことが決まった段階で頭髪に影響が及ぶことが予想できるため、治療に向けた準備の一環としてかつらを選ぶということも行われるようになっています。病気の治療中であっても、おしゃれをするのは大切なことです。好みの髪の長さや挑戦してみたいヘアスタイルを選ぶことで、気分的にも前向きになれるという効果が得られます