医療用かつらの選び方

病気の治療の過程で必要になる場合、かつらはどのように選べばよいのでしょうか。医療用かつらの価格は材質を何にするか、既製品かオーダーかなど複数の要素の組み合わせで決まってきます。人毛のかつらは価格は高いものの耐久性が高く、カットやパーマなどのアレンジが可能ですが、セットに手間がかかるという問題があります。

人工毛は価格が安く、スタイルが崩れにくいという特徴がありますが、耐久性にはやや欠けます。とあるかつら専門メーカーの毛髪技能士によると、手入れが楽なのは人毛と人工毛をミックスして作られたものだということです。ある程度できているものを希望のスタイルに調整してもらうセミオーダーであれば、価格を抑え、かつある程度自分の好みに合ったものを選ぶことができます。

医療用のかつらは通信販売や取扱店の店頭、美容室を併設した専門店などで手に入れることができます。通販ではある程度低価格のものが手に入りますが、サイズの調整などのアフターサービスや、病院への出張サービスなどが充実しているのはやはり専門店になります。

最近では、病院によってはかつらに関する情報を積極的に提供したり、病院内で実際にかつらを手にとってみられたりするところも出てきています。ある程度の期間にわたって治療のパートナーとなるかつらですから、状況や好みに応じて納得のいくものを選べるといいですね。

女性向けの医療用かつら

抗がん剤治療脱毛症や無毛症といった、髪の量や生え方に直接関係する症状と並んで医療用かつらが必要とされるのは、抗がん剤などの薬品の副作用によって髪が抜けてしまう場合です。
抗がん剤はがん細胞を破壊するための薬ですが、同様に細胞分裂が盛んな細胞である毛母細胞(体毛の根元にある、毛を作るもとになる細胞)も攻撃されてしまいます。
このために脱毛が起こるのですが、その範囲は頭髪に限らず全身に及ぶ可能性があります。
また、これもがんの治療の過程で用いられる放射線治療の場合は、放射線を当てた部分でのみ脱毛が起こります。

特にがんの場合、病気そのものに対してもストレスを感じる場合が多いですが、それに加えて見た目が変わってしまうことは更なるストレスの原因になりかねません。特に一般的に髪が長いことの多い女性にとっては、治療にも影響を与えかねない状況が生まれてしまうといえます。

病気と前向きに付き合い、積極的に治療を受ける上で精神的な支えのひとつになりえるのが、女性向けの医療用かつらです。抗がん剤治療の場合、薬を使うことが決まった段階で頭髪に影響が及ぶことが予想できるため、治療に向けた準備の一環としてかつらを選ぶということも行われるようになっています。病気の治療中であっても、おしゃれをするのは大切なことです。好みの髪の長さや挑戦してみたいヘアスタイルを選ぶことで、気分的にも前向きになれるという効果が得られます

医療用のかつらの選び方

かつら(ウィッグ)は、人の頭部にかぶせて使用するもので、もともとの頭髪を補ったり別の髪型に見せたりすることを目的とした、人毛または人工的な髪のことです。かつらの歴史は長く、世界的にも日本でも、古代から用いられてきました。日本では頭を装飾する目的で蔓草(かづらぐさ)をかけることが行われており、花で作られたものを花蔓、珠で作られると玉蔓などと呼んできました。「かつら」という言葉はここから起こったとされています。

ファッションの一部として、髪形や髪の色を演出するかつらが発展する一方、少なくなった頭髪を補うためのものもさまざまに進化してきました。頭髪が少ないこと、それを他人に見られることは本人にとっては大きなストレスになる場合があり、その心理的負担を減らすためにも技術の進歩が応用されてきました。かつてかつらは「かぶる」ものであり、地毛ではないことが見た目で分かってしまうような状況も多くみられましたが、最近では頭皮と一体化する薄いかつらが作られるようになりました。使っていてもいかにもかぶっているという感じがせず、多くの人が手に入れやすくなっています。

こういったかつらは、かつては年齢などの理由で髪が少なくなることが多い男性のためのものが多かったわけですが、最近では髪のボリュームが少なくなった女性が使えるものも増えています。そして、病気の症状やその治療のために髪が少なくなった人のためのかつらも作られるようになっています。特に女性の場合、病気のために髪が減る・なくなるというのは精神的なダメージも大きいものです。ここでは、女性向けの医療用かつらについてお話しします。